>アーカイブ>チークは入れ方で印象が異なる!おすすめの使用方法

華やかな印象を与えられるチーク

チークは、タイプやカラーの選び方や、入れ方などで顔の印象が大きく変わり、華やかさもプラスすることができます。

印象が変わるチークの入れ方

メイク道具

ふんわり可愛くしたい時

薄いピンク色を使って、まるく入れてみましょう。大きめのパウダーブラシを使って、クルクルと円を描くようにしてみてください。

知的でクールにみせたい時

少し落ち着いたカラーを選びましょう。ブラウン系だとよりクールな印象が出ます。いつもより少し下に入れるようにしてみましょう。

とにかく小顔にみせたい時

小顔にみせたい時は、ななめにラインを入れてみてください。楕円を描くように意識するとよいでしょう。

ナチュラルにみせたい時

より素肌に近く自然にみせたい時は、ピンク系の色を選び、部分的にぼかしながら入れていきましょう。

ハーフっぽくみせたい時

外国人、ハーフ風にみせたい時は、立体感を作ることがポイントです。やや高めの位置から横に入れてみてください。ハイライトも併せて使用するとさらに効果があります。

ネットでおすすめチークをチェックしてみよう

チークにもタイプ別に様々な種類があります。どのように仕上げたいかをイメージしながら、ネットでチークおすすめを検索して、色々探してみましょう。

チークのパウダータイプとリキッドタイプの違い

パウダータイプのチークの特徴

パウダータイプは名前の通り粉でできています。つけ心地も軽く、さらっとしているので、チーク初心者には使いやすいです。

リキッドタイプのチークの特徴

リキッドタイプは液体でできています。肌によくなじみ発色もよいので長持ちします。つけるのに少しコツがいるので、チークに慣れている人におすすめです。

チークは入れ方で印象が異なる!おすすめの使用方法

化粧品

自分の肌の色に合わせてチークを選ぼう

チークの色は大きく分けて青味の強いブルーベースと、黄味の強いイエローベースに分類されます。自分の肌にはどちらのベースが合うのかをまず試してみてください。左右にそれぞれのベースを塗り分けてみると、どちらがより肌なじみがよいかが分かるはずです。

なりたい印象によってチークのカラーが異なる

自分のなりたい印象でチークのカラーを選んでみましょう。ピンク系でかわいらしく、オレンジ系で元気な印象にするなど、カラーの選び方次第で様々な楽しみ方ができるのは、チークの魅力のひとつです。

広告募集中